体さえあれば、誰でもアスリート*

それがNikeのDNA

NIKE, Inc.は、インクルーシブな文化を育み、あらゆる壁を破ることに全力で取り組んでいる企業です。 NIKEの使命は、すべてのアスリート*にインスピレーションと革新をもたらすこと。 「If you have a body, you’re an Athlete」。つまり、体があれば誰もがアスリートだと確信しています。 Nikeは、制限のない職場環境を作ること、そしてアスリート*の意見を支持し反映させることに力を入れています。 また、FlyEaseのような画期的でインクルーシブな製品や、強力なコミュニティパートナーシップを通じ、すべてのアスリート*に活力を与えているコミュニティを支援しています。

インクルーシブな雇用制度

NIKEでは、障がいのある従業員の数を増やそうと取り組んでいます。 インクルーシブな職場環境や施設を通じ、見た目で判断できる障がいやそうではない障がいを持った人材を採用し、サポートすることに全力を注いでいます。 その一環として、本社では職場施設管理全体を通じて、知的または発達障がい者がそれぞれ適正な職務に就けるようにするためのプログラムを推進しています。 Nikeは、Best Buddiesのような国際機関と連携し、Nike販売店で障がいを持つ人材に職業選択と社会参加の機会を提供しています。 Nikeは、多様な従業員の採用に取り組んでいます。 募集条件に合致した応募者が、審査の際に人種、肌の色、信仰、性別、国籍、年齢、性的志向、性同一性、性表現、兵役の経験、障がいの有無などで差別されることはありません。

設備

Nikeは、あらゆる従業員や求職者に対応した、多様性に富むインクルーシブな環境を育んでいます。採用面接用には、文字読み上げソフト、手話、アクセスしやすい1か所での対面面接、改良した設備や機器、字幕などに対応した施設を多数用意しています。 特定の設備が必要な求職者は、+1 503-671-4156まで、氏名、連絡のとりやすい方法、採用面接に必要な設備などをお知らせください。

お問い合わせ先:+1 503-671-4156

福利厚生

求職者や従業員に適切な施設を提供しているほか、Nikeチームメイトの多様なニーズに応えるため、福利厚生プログラムや、トレーニング、方針の向上に継続的に取り組んでいます。 福利厚生には、Headspaceによる瞑想の無料利用など、身体障がいやマインドフルネスに関わる、さまざまな短期的・長期的プログラム取り揃えています。 また、Employee Assistance Program(EAP)を通じて、すべてのNIKE従業員とその家族を対象に、プライバシーを重視したカウンセリングを無料で提供しています。 EAPのカウンセラーは、適切なトレーニングを受けており、メンタルヘルスや、薬物中毒、鬱病、不安、ストレス耐性の強化、生活のバランスなど、個人のさまざまな問題に対応できます。

NIKE ABILITY* NETWORK

あらゆるアスリート*を支えるコミュニティです。

Ability*Networkは、相互信頼の文化を推進しています。 従業員のボランティアチームが、社会の幸福や成功のために、誰もが生きやすく真の多様性のある環境づくりを支援します、 Ability* Networkには、すべての従業員が参加できます。 その使命は、あらゆるアスリート*にインスピレーションを与えるコミュニティをサポートすること。 さまざまなパートナーシップや奉仕活動を通じて、すべてのNike従業員に情報源、リソース、教育を提供しています。 さらに、ボランティア活動や、NIKEが世界展開している「Diversity, Equity & Inclusion」活動、多様性に富んだ優秀な従業員を育成する能力開発のサポートなどへの参加を従業員に奨励しています。 Ability* Networkは、個人の多様な領域を支援する8つのNikeUNITED Employee Networkの1つです。
NikeUNITEDネットワークの詳細はこちら

すべての障がい者をサポート

体さえあれば、誰でもアスリート*

Nikeは、各地域のコミュニティで障がい者の受け入れや平等な社会の実現に取り組んでいる組織と協力関係にあります。 Nikeの企業理念には「If you have a body, you are an athlete.(体さえあれば、誰でもアスリート*)」という一文が含まれています。2020年には、障がいに関する正しい知識の普及やさまざまなレベルの障がい者の社会貢献を称える、21の非営利団体に合計$500,000を寄付しました。
コミュニティへの投資に関する詳細はこちら

コミュニティパートナー

NIKEは、主要な障がい者支援組織との連携を通じて当社の影響力を拡大し、社会が一丸をなってあらゆる障がい者を支援することを目指しています。 Nikeのパートナーには、Best Buddies、Disability:IN、Adaptive Sports and Recreation Association、Harper’s Playground、Play4Autism Foundation、Special Olympics Chicago、NorthWest Association for Blind Athletes(NWABA)などが含まれます。 · Abilities Dance Boston - マサチューセッツ州ボストン · Disability:In - 世界各地 · Play4Autism Foundation - ニューヨーク州ニューヨーク · Best Buddies - 世界各地 · Special Olympics Chicago - イリノイ州シカゴ · Adaptive Sports and Recreation Association - カリフォルニア州サンディエゴ · Harper’s Playground - オレゴン州ポートランド · NorthWest Association for Blind Athletes(NWABA)- ワシントン州、オレゴン州、アイダホ州、モンタナ州
アスリート*の認識を変え続けるNike FlyEase。デザインがバージョンを重ねるたびに洗練していくソリューションは、FlyEaseの厳しい基準とNIKEの重要な性能標準の両方をバランスよく満たしています。最新のハンズフリーデザイン「Nike GO FlyEase」は、特許申請中の双安定性ヒンジとミッドソールを採用したシューズ。あらゆるアスリートのための画期的なフットウェアです。 Nike GO FlyEaseのような、誰でも利用できる高度なソリューションは、Nike FlyEaseテクノロジーを推進する「挑戦は終わらない」という精神を象徴しています。 Nike GO FlyEaseは、まず、一部のナイキ メンバー限定で先行発売され、今年の終わり頃には一般発売される予定です。

ユニバーサルデザイン:FLYEASE

Nike FlyEaseは、シューズの機能を新たな視点から再構築したもの。Nikeの「アスリートの声に常に耳を傾ける」という長年の信念を体現したシューズで、これまでの常識を再考することから誕生したイノベーションなのです。 Nike FlyEaseは、持続可能な開発と特定のニーズに注目した調査から、幅広い人々に適した高度なフットウェアが生まれるという一例です。 「誰にとっても履きやすいシューズを作る」という共通目標のもとに開発された、さまざまなシステムの価値を認めるデザイン精神がベースになっています。 ハンズフリーを後押しし、簡単に着脱できる画期的なFlyEaseによって、より多くのアスリートがスポーツを習慣にできるようになります。 今後も、アダプティブアスリートの意見に刺激を受けた発想が生まれ、さまざまな基準を打ち立てていくでしょう。その結果、あらゆるアスリートに適した、よりスマートでデザイン性に優れたフットウェアが誕生するのです。 FlyEaseテクノロジーは、登場後、バスケットボール、ランニング、スポーツウェアの分野の20種類を超えるフットウェアに採用されています。

NIKE Go FlyEase

着脱が直感的で簡単なこのシューズは、デザインと技術革新、エンジニアリングが大きな目標、すなわちハンズフリーシューズの実現に貢献できることを証明しました。

GO FlyEaseの詳細はこちら

雇用のポイント

NIKEでは、従業員がチームにもたらすリーダーシップやイノベーションを重視しています。 すべての従業員の協力が、私たちが働き、生活するコミュニティに影響を与え、その可能性を最大限に広げます。

自分のピッタリを見つける

自分がどのチームに向いているか、決めかねていますか? 「自分のピッタリを見つける」は、Nikeのどの仕事であなたの強みが活かせるかを調べるためのガイドです。 いくつかの質問に答えてください。新しい可能性の発掘をサポートします。

自分のピッタリを見つける